音色にこだわる防音室

工事をした後のピアノの音こそ大事。そんな音にこだわるお客様の為の防音を私どもはご提供しております。

ピアノの音色が損なわれない内窓工事

音漏れはない。けれどピアノがつまらない。それではピアノから足が遠のくだけ。いったい何のための防音工事なのかわかりません。

工事後の音にこだわった防音をご提供しています

せめて夕食時まででもいいから、ご近所に気兼ねなく、ピアノ本来の音に包まれながら、思う存分ピアノが弾きたい。そんなピアノの音にこだわりをお持ちのあなたにこそ、私どもが開発した音楽的手法による防音工事をお勧めします。

もっと練習をしたくなるピアノ室に変わります

私どもにお任せいただければ、ピアノの音と壁からの反射音が一つになって、心地よく返ってくるので、ピアノを演奏することが楽しくなります。その様子を私のお客様の麻生さんは、「ピアノ(の音)に乗っかって」と表現してくれました。

ピアノ室 引き渡し後
弾いていて気持ちがいい。そんな最高のピアノ室にあなたのお部屋が生まれ変わります

全ては貴方の思いのまま

防音室では音が潰れてしまい活かしきれなったタッチが、遺憾なく発揮されます。繊細なタッチが生み出す小さく弱い音にも芯が入り、余韻が長く続き、余情が生まれます。激しく素早い演奏が、感情を高ぶらせ、演奏にドラマが生まれます。思いのままの音を操れる。表現できる。そんな環境だからこそ、勝たなければならないコンクールや演奏会に向けてのコンディション作りにはうってつけの環境です。

piano_nakanishi
私、中西がご相談から工事までを担当させていただきます。

「演奏者の為の防音」を考えたら、工事は最小限になりました。

防音工事をしないことが最も自然な音に聴こえます。でもそれではご近所にご迷惑をかけないかと心配です。だから私は、ご近所にはご迷惑はかない防音は確保しつつも、工事はできるだけしないことに決めました。それ以降、全部の現場で工事前後のデータをしっかり採り、音漏れを確認しながら、少しずつ防音量も工事の箇所も削るに事したのです。

音楽家と一緒に作り上げた工法です

私なりの考えもありました。「やかましさ」は音よって大きく違う。この事にこそヒントが潜んでいるのではないかと考えたのでした。

その答えを求めて、以前工事をさせていただいた音大教授を口説き、音色・音楽について教えていただきました。一方では工事のデータを工科大学に持ち込み分析。これを幾度も幾度も繰り返すことで、ピアノの音を損なうことなく、漏れる音は性能以上に静かに聞こえる防音方法を時間をかけて作り上げていきました。

その後、私は沢山の先生に恵まれますが、実はいずれも私のお客様。私の夢に賛同してくれた方々でした。そんな先生方の思いに応えるためにも、私はあなたにも全力投球で臨みます。

音色・響きによって印象は大きく変わるのはなぜなのかを研究しました

最高のピアノレッスンを手に入れませんか

生の楽器だけが出せる振動とお部屋の響きを一体にさせ、厚みのある音に仕上げつつ、しかも、お隣には届かせない。このことが、最終的には、内窓とお部屋の響きを調整することで可能になりました。この工法は当初の目的を超えて、音楽番組でお見掛けするピアニストをはじめ、多くの方にご愛用をいただけるまでになりました。しかも工期は1日。費用は一般的な防音工事の1/3以下ととてもリーズナブルです。

音大を目指す。コンクールで優勝するなど、目標に打ち勝つためのお部屋に変えたい方。そのような生徒さんをお持ちの講師の方。ピアノの音が伸び伸びと心地よく響くお部屋に変えて、心豊かに暮らしたいとお考えの方。是非、私にそのお手伝いをさせてください。ご相談は下のフリーダイアルからお持ちしております。

埼玉県・東京都・柏・松戸・船橋・市川・川崎・横浜
8時から20時まで無休でお待ちしております。
有限会社旭建硝 東京都練馬区

50名の生徒さんを抱えるピアノ講師の元山さん

ミュージシャンばかりの防音マンションも、防音室も経験しましたが、中西さんの工事が今までの中で一番気持ちがよい音に響きます。それは私だけでなく、何人もの生徒さんが、「先生の新しいお部屋でピアノを弾くと楽しいの。だからもっと弾きたいの。」と言っています。

音楽一家の山田さん

最初にお会いした時に、私がしたいことをよく理解してくださり、その場でお話を聞いて、私の希望が叶う事がイメージできました。もうその時に、お見積りを貰うまでもなくお任せすることに内心決めていました。私、息子、そして、ピアニストを目指している娘3人で毎日、取り合をしています。

埼玉県・東京都・柏・松戸・船橋・市川・川崎・横浜
8時から20時まで無休でお待ちしております。
有限会社旭建硝 東京都練馬区