運営者

私どもが考える防音対策 ごあいさつに代えて

15年前に生活の騒音問題は窓で対策できると気づき、私どもは防音サービスを始めました。最初の数年は順調でしたが、やがて「効果が出ない」現場に出会い、その後、失敗の割合は一定数を占めるようになりました。同じようなケースで同じ窓を使っているのに成功も失敗もある。その違いはどこにあるのか?もう過去の成功事例による「勘」や、メーカーのデータだけでは、解決できないことが明らかでした。

その原因究明には以前防音内窓の工事をさせて頂いた106名の方のご協力と1年半の時間が必要でした。この分析により、騒音対策は「音量」だけでは解決できない事や、防音工事と騒音対策は似ているがその解決には違うアプローチが必要であることが分かりました。そして、同時に、このことは、「くらしの騒音対策サービス」は存在してないことを私どもに気づかせてくれました。みなさんがご相談先に苦労するのは当然のことだと理解しました。

防音工事業という工事業者も内窓(二重窓)を設置する窓屋さんもいますが、この2つサービスは、騒音対策としては確実性に欠けます。防音工事は本来音漏れ対策であり、窓屋さんは、騒音の原因究明どころか騒音に関する知識がありません。カタログの数値を並べるか、「こうなりました。」と過去のケースを引っ張り出すだけです。ご相談者のケースに当てはまるのかも疑わしいのです。

その後研究は「周波数の組み合わせ」、「人の耳の癖」、「周波数と感情」、「建物の数値化」、「騒音の数値化」、「経験の数値化」と続き、沢山の方の協力を得ながら10年という時間をかけて最終目標である「騒音対策工事(防音工事)を試算して音で鳴らす。」ことに成功しました。このことにより、誰もが事前に工事の効果をイメージでき、ご納得の上でご注文をしてただけるサービスを提供できるようになりました。確実な防音窓工事をお望みなら是非私どもにお声がけをください。

有限会社旭建硝(あさひけんしょう) 東京都練馬区

サイト情報

サイト情報いい防音
本サイト趣旨生活における騒音対策・防音対策はほとんどのケースにおいて開口部で解消できることを周知し、その対策を提供する。
【お客様窓口】
harumi
中西 治美

生まれ/出身地:昭和42年(1967年)生まれ /北海道

性格:よく言えば裏表がない性格。何事にもストレート。バッサリ。切れ味抜群。

特技:捨てること。

好きなこと(もの):おしゃべり。就寝前の「お疲れ様ビール」

特徴:恐ろしいほどに記憶力抜群。

【責任者】
shigeki
中西 繁樹

生まれ/出身地:昭和40年生まれ /東京都

性格:温厚。思考型。他人の話はよく聴くが記憶時間が短い。

特技:どこでも寝る。スキー。

好きなこと(もの):サッカー観戦。妄想。

特徴:大汗。あんことくに大福を与えるとよく動く。

自己紹介 >>

運営会社及び事業責任者についてはこちらのページを

行動指針

建築業とは家を建てることではなく、ご家族の「くらし」を見守ること。そして「くらし」に携わる私どもは「もの売り」ではなく、「人の為のサービス業」でなければならないと考えます。
人の為の防音サービスとは、お客様の苦しみを理解し、共感できるまでヒアリングと実地査を行い、原因究明に徹する。原因が分かれば、手段を尽くして解決に取り組む事だと考えます。

「苦しみを理解する」「苦しみを共感する」「解決を共に喜ぶ」その為に私どもは行動します。

顧客満足とバロメーター

私どもは、販売数ではなく、リピートを評価指標に据えており、この数を顧客満足数と考えています。リピートのお客様をお一人でも多く確実に積み上げることが具体的な目標です。DSCN2901

パブリシティー 他

窓が与える暮らしへの影響はとても大きいにもかかわらずあまり知られていません。また誤認も多いことも問題です。それは建てることにしか興味がなく、その後の生活=くらしについてはあまりにも業界が無関心だったからです。ガラス屋の息子として産まれた私、言い換えれば産まれつき窓屋の私は、日々の実践を通じて、その成果や課題をこれからも業界にそして生活者に問いかけ続けます。

TV
ご存知ですか(日本テレビ)・グッデイ!(フジテレビ)・スーパーJチャンネル(テレビ朝日)・ワールドビジネスサテライト(テレビ東京) 他

紙面
週刊ダイアモンド・ショパン・リフォーム産業新聞・工務店新聞・ガラス新聞・ガラス建装時報 他

普及啓発活動
愛・地球博サイバー日本館・エコリフォームガイドブック(環境省)・住宅の省エネリフォームガイドブック(東京都)・省CO2先導事業(国土交通省)・積算資料(経済調査会) 他

講演
東京都・埼玉県・エコリフォームコンソーシアム・板ガラス協会・YKKAP・パナソニック・旭硝子・リフォーム産業新聞 他

沿革はこちらのページをご覧になってください。>>

責任者のプロフィール >>