貴方を悩ます音に最適な内窓で、「静けさ」をお届けします。これで煩わしい音とサヨナラです。

耳障りな音を取り除くとは?

内窓リフォームで一番難しいのは内窓選び。残念ながら、この内窓さえ使えば、どのような音でも防音できるそんな魔法の窓などありません。なぜなら、ガラスには上手に防音ができる音もあれば苦手な音が個々にあるからです。ガラスの防音特性はその種類と厚みによって変わります。この特性を使い分けることで、貴方を悩ましている耳障りな音を取り除きます。

2000年より暮らしの音にこだわっています

窓と暮らしのデータならだれよりもたくさん持っています。自ら工事をした3200家庭の内1600件超において、工事前後のデータを収集し15年間蓄積してきました。このデータと経験に基づいて窓の性能を100%引き出します。実際の現場の中でコツコツと積み上げた分析データを持っているのは、おそらく私どもだけです。

気になる音を明らかにすることで対策が計画できます

多くの人が音量に囚われて大事なことを見落としています。音量とは音の大小であって音そのものではない事です。確かな防音対策、人が静かと感じる防音対策には、気になっている音のそのものを(周波数・音量・響き方)明らかにしなければ解決は始まりません。

そして貴方に合わせ「静けさ」をお届けします

音の感じ方は個人差があります。ですからあなたに立ち会って頂いてあなたの耳の癖を探し出します。音、環境、そして貴方。この3つが揃うから、「この音、このお部屋だから、このガラスをはめ込んだ内窓があなたにはピッタリです。この内窓で工事をしましょう。」とご提案できるのです。これで貴方を悩ます耳障りな音とはサヨナラです。

メディアでも取り上げられました

この方法はTV番組(ワールドビジネスサテライト)でも取り上げられ、ピアノ雑誌「ショパン」ではピアノの騒音対策特集でご協力をさせていただきました。確実な効果をお望みなら私どもにおまかせください。

2日にわたり密着取材を受け、様々な音の悩みがあることに取材スタッフは驚いていました。まさに「騒音時代」。私、中西は「静けさを売る人」と紹介されました。

静けさを売る人として

2000年から様々な暮らしを窓で変えてきた私は、窓でできる限界も知っています。だからできないときは「できません。」とはっきり申し上げます。困っている人を目の前にして辛いけれど、わかってやったら罪作りですものね。でもできない理由はご説明しますし、他の解決方法をご案内します。

指導者に恵まれ研鑽を重ねてきました

建築業界は新築一辺倒。誰も建てた後の様子に関心がなく、誰も暮らしのデータを持っていませんでした。そんな中、僕は、「どうして建てた後に関心がないのだろう?」「今はこのデータを理解する知識はないけれど理解できる日がやってくる。」そう思いデータを貯め込んでいました。そしてそのデータに関心を寄せたメーカーや研究者が、私を訪ねてくれました。こうしたご縁を重ねていく中で、私の理想に共感してくださった先生方から直接ご指導を頂き、研鑽を重ねてきました。

こうした分析データ他は環境省、経済産業省等にも提出させていただいています。東京大学坂本先生、清家先生、千葉工業大学小峯先生、国立建築研究所三浦先生、芝浦工業大学秋元先生のご縁も今振り返ればデータが始まりでした。桐朋大学斉木先生や指揮者の曽我先生においてはご自宅の工事をさせていただき高い評価を得ました。

理想とする「窓リフォーム」を目指して

窓を見直し人と暮らしに合わせれば、寝付けない車や電車の音からも解放され熟睡できる。それだけはありません。元々は「音」は楽しいものです。ピアノも弾ける。オーディオももっと楽しめる。ワンちゃんだって飼える。そんな楽しい生活が実現します。

ご相談で一番多いのがやはり外部からの音のご相談。電車や車以外には空調室外器など様々。でもご安心を。1600件の経験とシミュレーターで静けさをお届けします。
大音量で楽しめるのは無論のこと。「今まで埋もれていた聞えなかった微かな音もクリアに聴こえる。」とオーディオ好きの方に大好評です。
趣味のピアノやギターをもっともっと弾きたい。楽器の防音対策にピッタリです。窓で楽器の簡易防音室に早変わりします。
ご自宅、マンションの一部屋を借りてレコーディングスタジオにされる方もいらっしゃいます。プロユースにも好評です。

工事を終えると皆さん晴れやかな笑顔です。だから工事をしている私も嬉しくて。

窓でこんなこともできる。こんな失敗もあった。アイディアを実践して得た成果は様々な形で発表させていただいています。それは窓リフォ―ムは建築業界の中ではまだまだ新しく、あえて言えば何もよくわかっていないからです。間違えた材料を選ぶと効果がないという事にだってなるからです。だからこそ情報の共有は大切です。

ガラス業界最大のイベントで窓リフォームの可能性についてお話をさせていただきました。
YKKAPさんMADOショップの皆さんに最新の成果発表と提言をさせていただきご賛同を頂きました。

ご相談者は建築も音のこともご存じないのが当たり前です。だからこそ、どうすれば音のトラブルから身を守れるのか。逆に時には知らないうちに騒音源になっていることもあります。そんなお話しできるチャンスがあればどこでも出かけます。

地域セミナーにおいて、地域の方に窓と快適の関係性についてお話をさせていただきました。
地域の子供祭りに参加して、暮らしと窓のクイズを出題。「なかなか知れていないなぁ~」もっと頑張らなきゃ。

生活者向けのリフォーム誌で1年にわたり窓のコラムを担当させていただきました。

私どものお客様

ご回答を頂いたアンケートの中から抜粋して私どもに寄せられたコメントをご紹介します。

 電車の騒音対策でのご相談 葛飾区
素人にもわかるように説明をしてくれてありがたかったです。音も静かになり助かりました。

 車の騒音対策でのご相談 武蔵野市
効果と工事の説明を丁寧にしていただけました。防音効果も期待したレベルです。

 ピアノ防音対策でのご相談 小金井市
過剰な諸遮音効果をアピールされることなく信頼してお願いすることができました。また内側から出している音の大きさが測定できてよかったです。

 車の騒音対策②でのご相談 板橋区
以前から外の音が気になりなかなか眠れないことがありしたが、その後は音に悩まされず快適に眠ることがでました。

まずはお気軽にお問い合わせください。

暮らしの音のご相談やご質問はお気軽にフリーダイヤルでお尋ねください。 お困りの状況を教えて頂ければ、お電話でもご説明することができます。 受付時間は、8時から20時までです。(年中無休)

info_sa

freecal_ba

contact_big