「内窓が効かない」期待外れの防音窓工事

音量を下げるだけで、依然わずらわしい音が残ったままの防音窓工事が、たくさんの「効果がなかった」というの期待外れを生み出し続けています。その原因は、音の一部分にしか過ぎない音量ばかりに気を取られて、音のどこに問題があるのかを調べることもなく、評判を信じて「きっと大丈夫に違いない。」と自分に言い聞かせ、不安を抱えながらも防音窓を取付るからです。
防音窓は騒音対策・音漏れ対策として取付ける立派な防音工事です。工事である以上はよく調べ、希望する静けさになるように設計する必要があります。

これで耳障りな音とはサヨナラです

確かに内窓の防音には限界があります。しかし、お部屋を防音材で包む大掛かりな防音工事でなければ解決できないという事でも決してありません。

最適な内窓を厳選し、時にはアイテムや工夫をプラスすることで、日常生活の中で出くわす音の問題は解決できます。これができるのは、暮らしと窓に長年こだわってご相談者と向き合ってきた私どもだからです。

内窓には音を消し去るまでの力はない。それならば、200種もあるガラスの防音特性を応用して、音量を下げつつ、耳障りな音、邪魔な音と感じない音に変えてしまえばいい。この知識と技術の習得には良き指導者が必要でした。

しかしこの音質を変えてしまう技術を駆使しても、限界があります。窓だけの工事で不足なら、どんなアイデア、アイテムで補えば解消できるのか?私どものノウハウには防音リフォーム1600家庭の経験とデータが生きています。

調査をさせていただければ、「この音、このお部屋だから、このガラスをはめ込んだ内窓がピッタリです。この内窓と工夫で音の問題は解決できます。」とご提案いたします。これで悩ましい音とはサヨナラです。

音の問題を解消することが防音リフォームだと私は思います

「内窓を設置したけれど思ったような効果がない。」この期待外れを無くしたい。私中西はそう思っています。

一番防音性能が高い内窓が効かない 墨田区相沢様

相沢さんの寝室にはネットの書き込みで最強の防音性能と言われることが多い内窓が設置されていました。それにもかかわらず、相沢さんは大型トラックが橋のたもとの段差を通過するさいに生じるドスン、ゴットン、という音で目覚めてしまい、安心して眠ることができませんでした。

相沢さんは他に手立てはないのかと、調べていたところ、私どもがメーカーの推奨施工店であることを知り「他社で工事をしてもらったのですが、ご相談をさせて頂きます。」とお電話を頂きました。

相沢さんの説明では「このガラスをはめ込んだこのメーカーの内窓が最も防音効果が高い。もう、これ以上はありませんから、この内窓なら安心です。」この業者の説明とネットの評判を信頼して工事依頼をしたそうです。この説明から聞くまでもなく音の分析をしていないと私には分かりました。

サンプリングしたデータを分析した結果、内窓にはめ込まれているガラスよりも他のガラスのほうが廉価で静かな環境を作れることがわかりました。相沢さんからは「推奨施工店」というプレッシャーもかけられていますので念を入れて、弊社が開発したシミュレーターで計算結果を音にして鳴らし、耳で確認したうえで工事に挑みました。

工事前の内窓と私が工事した内窓との防音量の差は騒音計の平均値で5デシベル弱とわずかです。でもお部屋の中で聞こえる音は明らかに違いました。相沢さんも「いいね。全然違うね。」「音が遠くなった感じがする。」とのご感想。相沢さんからは、後日次のようなコメントも頂きました。

「工事をした夜は大丈夫なのかと心配でなかなか眠れませんでした。でも翌朝まで起きることはありませんでした。不安が無くなった次の日からはずーっと安心して朝まで眠れています。睡眠も確保でき、以前のリズムに戻れました。睡眠がとれるようになったからなのか肩の凝りもなくなりました。もっと早くお会いしていればよかったなと思います。」

その後相沢さんからは補助金も活用しながら2年間で3回に分けて、家中の窓工事の注文を頂きました。その理由を尋ねると「静かだし、暖かい。冷房も暖房もよく効く。この良さを知ってしまうと内窓なしはもう考えられない。」との弁でした。

私どものお客様(事例)

ご相談で一番多いのがやはり外部からの音のご相談。電車や車・空調室外器など様々。防音工事1600件の経験とシミュレータで音の悩みを解決します。
大音量で楽しめるのは無論のこと。「今まで埋もれていた聞えなかった微かな音もクリアに聴こえる。」とオーディオ好きの方に大好評です。
趣味のピアノやギターをもっともっと弾きたい。楽器の防音対策にピッタリです。窓で楽器の簡易防音室に早変わりします。
ご自宅、マンションの一部屋を借りてレコーディングスタジオにされる方もいらっしゃいます。プロユースにも好評です。

2000年からずっと暮らしの窓に夢中です。

建築業界は新築一辺倒。誰も建てた後の様子に関心がなく、暮らしと窓のデータなど誰も持っていませんでした。そんな中、私は、「どうしてみんな建てた後に関心がないのだろう?」「今はこのデータを理解する知識はないけれど理解できる日がやってくる。」そう思い2000年からデータを貯め込んでいました。当時個人宅の窓リフォームを専業で尚且つwebで集客している窓事業者はいませんでした。

仲間に恵まれました

そして私どもに関心を寄せた窓メーカーや研究者が、私を訪ねてくれました。特に旭硝子さんとのご縁は長くて太いです。この出会いがきっかけとなり、以降、様々な国による普及開発活動や補助事業でご一緒させていただきました。また施工者である私は、旭硝子さんに寄せられるご相談の中でも、現場の者でなければ分からないようなご相談ご質問にお返事したりしています。

指導者に恵まれ研鑽を重ねてきました

リフォームをしたのに効果がなかった。この期待外れを無くす。それには正しい知識と実践が必要。それを広め期待外れによる不幸をゼロにする。この私の夢に共感してくださる先生方から直接ご指導を頂き、研鑽を重ねてきました。そもそも音は私の専門外。だから良き指導者が必要だったのです。東京大学坂本先生、清家先生、千葉工業大学小峯先生、国立建築研究所三浦先生、芝浦工業大学秋元先生とのご縁も今振り返れば国による普及事業や暮らしと窓のデータが始まりでした。

私どもが開発した評価法やシミュレーターは、多くの先生方のご指導と仲間、そしてお客様がいなければ完成できませんでした。桐朋大学斉木先生、指揮者の曽我先生においてはご自宅の工事をさせていただきました。音楽のプロフェッショナルから高い評価を得たことで、建築・音響・音楽という面から見て恥ずかしくないツールに仕上がりました。

理想とする窓リフォームのために

窓で暮らしはこんなに改善できる。その成果を様々な形で発表させていただいています。窓リフォームはまだまだ新しく、暮らしとの関係性も、効果もよくわかっていないんです。だからこそ、活発に意見交換をすることで知識と経験を共有し施工者に知識がないことで起こる不幸を防がなければいけません。

ガラス業界最大のイベントで窓リフォームの可能性についてお話をさせていただきました。
YKKAPさんMADOショップの皆さんに最新の成果発表と提言をさせていただきご賛同を頂きました。
生活者向けのリフォーム誌の中で1年にわたり窓のコラムを担当させていただきました。

私におまかせください。確かな静けさをお届けします

静けさをお望みなら私どもにおまかせください。テレビ東京ワールドビジネスサテライトでは私、中西は静けさを売る人と紹介をしていただきました。

ご質問やご相談はこちらに

気になって仕方のない音というのは、気持ちに大きなストレスを抱えさせてしまいます。一人で悩んでいても解決にはなりません。1600件を超える様々な家庭の音のご相談を解決してきた僕ら2人だからこそできるお返事もありますよ。

info_sa

防音のご相談やご質問はお気軽にフリーダイヤルでお尋ねください。 お困りの状況を教えて頂ければ、お電話でもご説明することができます。

受付時間は、8時から20時までです。(年中無休)

有限会社旭建硝(アサヒケンショウ) 東京都練馬区

freecal_ba
contact_big