お客様の笑顔の数1000超。満足率99%の眠れる防音リフォーム

朝まで音に邪魔されることなく熟睡したい方へ

私、中西は2000年から生活の中で出くわす様々な音の悩みに取組んできました。そして相談の中でも一番多い音で眠れないという問題を主に内窓を使って解決してきました。その数は1000件を超え、そして内2名を除くすべてのお客様が工事をしたその日から音の悩みから解放され、翌日からは普段の生活を取り戻しています。

眠れないに代表される暮らしの音の防音工事は、ホームシアターや楽器の防音室を作る防音工事に似ているようですが、実は異なります。そして暮らしの騒音はとてもパーソナルでもあります。2日間にわたり私に同行してくれたテレビ東京ワールドビジネスサテライトは、私の事を防音業者とは紹介せずに、「静けさを売る中西さん」と紹介してくれました。暮らしの音のことならお任せください。

まずはあなたのお話を聞かせてください。
DSC04589_a

音で眠れないと言っても、その音源は様々。そしてその代表ともいえるのがトラックや車・バイクの車両騒音と電車の騒音。ベッドに入り横になると、余計に車の音がよく聞こえ気になる。電車の音がカタカタと頭の中で繰り返して響いてなかなか寝付けない。終電も終わりやっと寝付けたのにその4時間後には始発の電車で目覚めてしまう。これでは体がもちませんよね。私中西に貴方はどんな音で眠れないのか、どんな音で目覚めてしまうのかを聞かせてください。きっとお役に立ちます。

暮らしの騒音はそもそもすごく大きいわけでありません。

引っ越し前の内覧では音は気にならなかった。もしくは、気にするほどではなかった。このようにそもそも暮らしの騒音はさほど大音量ではありません。お客様のお部屋で気になる音を騒音計で計測すると、どの現場でも日常会話の方がむしろ大きな値をさします。それでも、ふとした拍子に気になる。気になり始めたら気になって仕方がない。暮らしの音の問題は、実は思ったよりも大きくありません。

音量よりもむしろ感じ方が問題なんです。

気にしている音の音量は、騒音とは感じない日常会話よりも小さいのですから、音量よりもむしろ中身を問うべきです。具体的には音を作り上げている成分を分析してどの部分があなたを悩ましているのか見つけ出し、嫌と感じさる成分だけを取り除いてしまえば、音はしていても気になりません。

音の感じ方には個人差があります。

暮らしの騒音は家族の中でも意見が分かれます。「確かに音はしているけれどそんなに言うほどではないよ。気にしすぎだよ。」とおっしゃるご主人と、「そう言うけれど寝付けないないのよ。」という奥様。このように感じ方が違う事はよくあります。音の感じ方は個人差があります。ですからご相談者の感じ方を調べ、防音工事に反映させる必要があります。

音をゼロにすることはできません。だから落ちた後を問うべきです。

実は内窓を設置して二重窓にしても音は完全に消し去ることはできません。ですから音の嫌な部分を取り除かない限り、嫌な音は前よりは小さくなってはいますが、依然鳴り続けます。

そして、二重窓にするということは密閉するということですから、お部屋で鳴っている採り切れなかった嫌な音は、出口を失い外に出ることができず、壁や床や天井にぶつかり跳ね返る「反射」を何度となく繰り返し起こします。

トンネルの中で声を出すと声は反射して普段よりも大きく聞こえる様に、一度は内窓で小さくなった嫌な音は、厄介な事に反射することで大きくなります。ですから二重窓を取付ける際にはこの反射も念頭に置いて工事をする必要があります。

「二重窓にしたのにあまり変わらなかった。」というネットの書き込みを目にすることがありますが、おそらくは、下にご紹介をさせていただく相沢さんのように反射を考慮せず、そして成分分析もしていないからだと私は思います。

窓から始める防音リフォーム

防音性能NO1の内窓が効かない 墨田区相沢様

相沢さんの寝室にはネットの書き込みで最強の防音性能と書き込みの多い内窓が設置されていました。それにもかかわらず、相沢さんは大型トラックが橋のたもとの段差を通過するさいに生じるドスン、ゴットン、という音で目覚めてしまい、安心して眠ることができませんでした。

相沢さんは他に手立てがないのかと、調べていたところ、私どもがメーカーの推奨施工店であることを知り「他社で工事をしてもらったのですが、ご相談をさせて頂きます。」とお電話を頂きました。

相沢さんのお話によれば下見に来た業者から「このガラスをはめ込んだこのメーカーの内窓が最も防音効果が高い。もう、これ以上はありませんから、この内窓なら安心です。」と言われた言葉と、ネットの評判を信頼して工事を依頼したそうです。この説明から、聞くまでもなく音の分析をしていないことが私には分かりました。

サンプリングしたデータを分析した結果、内窓にはめ込まれているガラスよりも他のガラスのほうが廉価で静かと感じる環境を作れることがわかりました。相沢さんからは「推奨施工店」というプレッシャーもかけられていますので念を入れて、弊社が開発したシミュレータを使って計算し、このガラスをはめ込んだこの内窓が一番静かと感じることを音声出力して耳で確認した上で工事に挑みました。

工事前の内窓と私が工事した内窓との防音量の差は騒音計の平均値で5デシベル弱とわずかです。でもお部屋の中で聞こえる音は明らかに違いました。相沢さんも「いいね。全然違うね。」「うんと遠くで鳴っている感じがして静かだ。」とのご感想。そして後日、次のようなコメントも頂きました。

「工事をして音は小さくはなったといえ、ベッドに入るまでは眠れるのだろうかと心配でしたが、横になってこれなら大丈夫そうだとわかりました。そしてこの1週間、一度も起こされることもなく朝まで眠れています。睡眠も確保でき、以前のリズムに戻れました。睡眠がとれるようになったからなのか肩の凝りもなくなりました。もっと早くお会いしていればよかったなと思います。」

その後相沢さんからは補助金も活用しながら2年間で3回に分けて、家中の窓工事の注文を頂きました。その理由を尋ねると「静かだし、暖かい。冷房も暖房もよく効く。この良さを知ってしまうと内窓なしはもう考えられない。」との弁でした。

下の動画で効果をご確認ください。30秒ほどの動画になります。冒頭は1重で最後の10秒が二重窓の状態です。

単に音を下げるのではなく眠れるお部屋に整えるのが私どもの仕事です。音でお困りなら是非一度お電話をください。

私たちの防音サービス

私たちの防音サービスは、音の分析とお部屋の音の響き方と、そして、あなたの音の感じ方を分析し、気になる音の原因部分を取除くことで、音が残っても気にならない音に変えてしまいます。これで貴方のお部屋は朝まで安心して眠れるお部屋に変わります。

「(工事をしたのに)効果がなかった!」この期待外れをなくしたかった。

お客様の「防音窓を取付けたのに変わらない。眠れない。」この期待外れを私は無くしたかった。それには音を分析して嫌と感じる成分を見つけ取除けばどのようになるのかを、シミュレータを使って予測して音で鳴らせば、わかるのではないか。そう私は思い続けていました。この私の夢に共感してくださる先生方から直接ご指導を頂き、研鑽を重ねてきました。そもそも音は私の専門外。だから良き指導者が必要だったのです。音大ピアノ科の斉木教授、正指揮者の曽我先生においては、ありがたいことにシミュレータを使ってご自宅の工事までさせていただきました。

経済産業省の支援を得つつ私どもが開発した評価法やシミュレータは、多くの先生方のご指導と仲間、そしてお客様がいなければ完成できませんでした。

私におまかせください。確かな静けさで寝室を眠れるお部屋に変えます。

2000年から数えて1000を超える眠れない寝室を朝まで安心して眠れるお部屋に変えてきました。そんな私に貴方が抱えている悩みを聞かせてください。そしてお部屋の調査をさせてください。計測器を使って貴方が眠れるお部屋にできるのかをお返事いたします。
音の悩みは突然降りかかってきます。誰も予備知識がありません。だからご相談者は皆さん困ってしまって問題を抱え込みがちです。私中西は、最初の相談先でありたいと常々思っています。全部私にお任せください。フリーダイアルでお待ちしています。

info_sa顧客満足率99%の眠れる防音サービス

眠れないその音について聞かせてください。
一緒に解決策を探す無料相談先

8時から20時まで無休でお待ちしております。有限会社旭建硝 東京都練馬区

お得情報
31日まで今年度最後の大型助成金のご相談をお受けします。是非にご相談をください。
私どもが申請した物件はすべて補助採択されています。

contact_big