住宅地の車の騒音でお困りの方へ

人と音の関係を応用した防音だから、気になる音から解放されます。

ベースは静か。だからこそ車の音が気になります。閑静な住宅地では、幹線道路とはまた違った対策が必要です。

なぜ夜になると車の音は大きく聞こえるのでしょうか。

昼間は気にならない車の音が、夜になると気になって仕方がない。このようなご相談を沢山いただきます。車が発する音は昼でも夜でも同じはずなのに、なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

それは、多くの人が活動する昼間は様々な音がしているのに、夜が更けるほど、音の数が減るからです。その結果、嫌な車の音が際立ちます。静かな中に、車の音だけが飛び込んでくる。これではふいに背中から「ワッ」と脅かされるようなものです。車の音で目覚めてしまうのはまさにこのケース。人の耳は音がONとOFFの時の音量の差に強く反応します。

感じる音量が大切です

防音工事に潜んでいる危険性について

防音とは音の入口を塞ぐこと。その結果として同時に出口も塞いでしまいます。音量は少しは小さくなったとは言え、防ぎきれなかった車の音だけがお部屋の中に入りこみます。車の音以外は入ってこれませんから、嫌な車の音だけがするので、目立つようになります。

では、防音を強くすればいいのではないかと防音性能を高めると、冷蔵庫などの家電が発するわずかな音、マンションなら上の階の家庭の会話が耳につくようになります。また、耳は音がなければないで、音を聞こうとするため、耳の負担が高くなり、時には耳鳴りがする。落ち着かない。こんな症状を引き起こします。

防音により埋もれていた音が耳につくことがあります

寝室に望ましい音環境とはなんだろうか?

眠りの邪魔をする、車やトラックの音は、十分小さくなっている。加えて、その小さな音が気にならないお部屋が寝室には望ましいと考えたのです。

そして、音が気になる。気にならないは、人が音を聞いてどう感じ方という問題です。だから音と人の関係を知る必要があると私は考えたのです。

寝室こそ一番静かにしたいお部屋です。

人と音の関係を応用すれば安心して熟睡できます。

気になる。気にならないは、音から受け取る印象だから、そのヒントは音楽にあると私は考えました。音の組み合わせや響きをコントロールできる技術を身につければ、寝付けない人のお役に立てるそう考えた私は、各分野の専門家から学びました。この方法により沢山の方から「眠れた」とのご報告をいただいています。

お部屋によって響きはまちまち

私中西は1000を超えるご家庭を安心して眠れるお部屋に変えてきました。その様子はテレビ東京ワールドビジネスサテライトで、「静けさ売ります」という特集を組んで紹介をしてくれました。

計測の様子
討議の様子

お願い:
一刻でも早く解決方法を提出したいと思いますが、確かな効果を出すことが何よりも大事と考えます。現場分析と工事設計・お見積には、数日のお時間をいただきます。