運営者

私どもの防音サービス

ピアノへの憧れ

赤いランドセルが欲しいと母にせがむと、母からは「それは女の子の色」と言われ、「ピアノを習いたい。」とガラス工事の職人である父に言うと「女の子がすることだと」と取り合ってもらえず断念しました。

大学の頃、激しく厳しいバド・パウエルのピアノの中に解放感と自由を感じ、ビル・エヴァンスの優美な和音と繊細なピアノに魅了されピアノへの憧れが復活。ピアノをできるだけ鮮明に聴きたい思いで自分の部屋の改造に夢中になりました。

最初の防音工事

家は環七の交差点から3軒目。ほぼ24時間途切れることなく、車が通るため、まずは邪魔な外の車の音を遮断する必要がありました。ガラス屋に生まれ育ち、高校の頃から家業を手伝っていた私は、窓をしっかり防音すればかなり車の音を小さくできることも、ガラスや鏡は音を反射させることも知っていました。

音は何か物にあたると、その影響を受けて、音が変わる。その変化する量や質は材料ごとに違います。音と固い音にするものもあれば、その逆にソフトに出来るものもあります。オーディオ雑誌を参考にできるだけ安価何なら無料で同じことが出来ないのかと工夫を凝らし好みのリスニングルームに仕上げていきます。この経験から、音は変える事ができることを学びました。

防音サービスの開始

父のもとで仕事を覚えること10数年。2000年に父の退職を機に顧客先を法人から個人のみに転換。その背景にはネットの常時接続・WEB・検索という新しい技術により、個人の方との結びつきを容易がありました。個人が窓を欲しがることはないと考え、窓で提供できる価値を売る必要があるができると考え、防音サービスを始めました。

外からの音を遮断する際、窓の防音性能を上げることが、最も効果的な方法であることは誰もが認めています。そして最も防音性能が高い窓が、最もお部屋を静かにできると勘違いをするのが常です。自分もその一人でした。

失敗

順調だったサービスも、やがて寝室に求められる基準値を大幅に下回っているにも関わらず「効果が確認できない。」と叱責を頂く現場に出会いました。

挫折感と責任感の中、リスニングルームづくりが頭をよぎりました。あの当時、余計な音を取り除く事以上に部屋の響きの調整≒音づくりに大変苦労したのを思い出しました。悪戦苦闘の末、ご相談者にご納得いただけるお部屋に仕上げることができました。

新しい技術の習得

この現場をきっかけに、同じ失敗を繰り返さないためにも、知識と技術習得のため各専門家に指導を請いました。国立建築研究員や各大学教授が私の願いを聞き入れてくださったのは、建った後の家に関する生データがない中、私が沢山の生データを持っていたからであり、そして、世の中にはその何倍・何十倍もの人が、悩んでいるにちがいないことが黙っていても想像できたからでした。

これで250名弱のレポート。保有するデータは1000件を超えます。

私どもの防音サービスの特徴

音量が小さい。この事は静けさを決める一要素(工学)でしかありません。静かと感じるのは人。だからこそ人の要素(生理学・心理学)が不可欠です。そして人の要素こそが静けさづくりの肝だと考えた私は、防音技術よりも、楽器の仕組みや音楽的要素(とくに和音と響き)を積極的に学び研究してきました。

私共がご提供する具体的な価値

屋外に漏れる楽器の音量を落としつつ、お部屋の中では、防音工事にありがちな音を潰すことなく楽器本来の音のまま、程よく響くお部屋に変えることや、外からの車に代表される屋外からの音で寝付けないお部屋を、安心して眠れる寝室に変える事こそが私どもの防音サービスです。

有限会社旭建硝(あさひけんしょう) 東京都練馬区

サイト情報

サイト情報 いい防音
本サイト趣旨 生活における騒音対策・防音対策はほとんどのケースにおいて開口部で解消できることを周知し、その対策を提供する。
【お客様窓口】 harumi 中西 治美 生まれ/出身地:昭和42年(1967年)生まれ/北海道 性格:よく言えば裏表がない性格。何事にもストレート。バッサリ。切れ味抜群。 特技:捨てること。 好きなこと(もの):おしゃべり。就寝前の「お疲れ様ビール」 特徴:恐ろしいほどに記憶力抜群。
【責任者】 shigeki 中西 繁樹 生まれ/出身地:昭和40年生まれ/東京都 性格:温厚。思考型。他人の話はよく聴くが記憶時間が短い。 特技:どこでも寝る。スキー。 好きなこと(もの):サッカー観戦。妄想。 特徴:大汗。あんことくに大福を与えるとよく動く。 自己紹介 >>
運営会社及び事業責任者についてはこちらのページを

行動指針

建築業とは家を建てることではなく、ご家族の「くらし」を見守ること。そして「くらし」に携わる私どもは「もの売り」ではなく、「人の為のサービス業」でなければならないと考えます。
人の為の防音サービスとは、お客様の苦しみを理解し、共感できるまでヒアリングと実地査を行い、原因究明に徹する。原因が分かれば、手段を尽くして解決に取り組む事だと考えます。

「苦しみを理解する」「苦しみを共感する」「解決を共に喜ぶ」その為に私どもは行動します。

顧客満足とバロメーター

私どもは、販売数ではなく、リピートを評価指標に据えており、この数を顧客満足数と考えています。リピートのお客様をお一人でも多く確実に積み上げることが具体的な目標です。DSCN2901

パブリシティー 他

窓が与える暮らしへの影響はとても大きいにもかかわらずあまり知られていません。また誤認も多いことも問題です。それは建てることにしか興味がなく、その後の生活=くらしについてはあまりにも業界が無関心だったからです。ガラス屋の息子として産まれた私、言い換えれば産まれつき窓屋の私は、日々の実践を通じて、その成果や課題をこれからも業界にそして生活者に問いかけ続けます。

TV
ご存知ですか(日本テレビ)・グッデイ!(フジテレビ)・スーパーJチャンネル(テレビ朝日)・ワールドビジネスサテライト(テレビ東京) 他

紙面
週刊ダイアモンド・ショパン・リフォーム産業新聞・工務店新聞・ガラス新聞・ガラス建装時報 他

普及啓発活動
愛・地球博サイバー日本館・エコリフォームガイドブック(環境省)・住宅の省エネリフォームガイドブック(東京都)・省CO2先導事業(国土交通省)・積算資料(経済調査会) 他

講演
東京都・埼玉県・エコリフォームコンソーシアム・板ガラス協会・YKKAP・パナソニック・旭硝子・リフォーム産業新聞 他

沿革はこちらのページをご覧になってください。>>

責任者のプロフィール >>