旧)音色にこだわる防音室

音楽を応用した内窓工法だから、貴方のお部屋が最高のレッスン室に変わります。

ピアノの音色が損なわれない内窓工事

防音工事をしてもピアノの音が変わることがありません。だから、お部屋は貴方が思った通りの音で満たされます。

理想の防音室を求めて

ご近所にご迷惑をかけることなくピアノ本来の音に包まれながら、演奏に没頭できる環境が欲しい。プロフェッショナルな方ほど、工事をした後のピアノの音に強くこだわりをお持ちのようです。

調律次第でピアノの音は大きく変わりますが、防音工事も同じことが言えます。

ピアニスト≒表現者のための防音

理想の防音。それは音漏れを遮断し、ピアノの響きが自然。そんなお部屋に整えること。そうすれば、演奏に没頭できます。繊細なタッチにも芯が入り余韻が続くから、余情が生まれます。激しく素早い演奏は、感情を高ぶらせドラマが生まれます。すべては貴方の思いのまま。だから貴方にしかできない表現で、曲を表現することが出来ます。そんなお部屋に変わるから、ご自身のコンディションもよくわかります。

ピアノ室 引き渡し後
全ては貴方の思いのまま。最高のピアノ室に変わります

今までの防音の課題

防音を高めれば高めるほど、確かに音漏れは減りますが、お部屋の中では音がキンキンに跳ね返り耳が痛くなります。これを抑えようとすると、今度は音が潰れてしまい、それをカバーしようと演奏に癖がついてしまいます。ピアノ本来の音を奏でることが出来ないようでは、レッスンにもなりません。実はこのことが今までの防音の課題でした。

piano_nakanishi
私、中西がご相談から工事までを担当させていただきます。

音の響きこそ最優先の防音工事

防音工事をしないことが最も自然な音に聴こえます。でもそれではご近所にご迷惑をかけないかと心配です。だから私は、防音は確保しつつも、工事はできるだけしないことにしました。そして、音によって「やかましさ」は大きく違う。この事にこそヒントが潜んでいるのではないかと考えたのです。

音色・響きによって印象は大きく変わるのはなぜなのかを研究しました

音楽的手法による内窓工法で最高のピアノ室をご提供いたします

やかましい音。その逆に気にしない音。この2つを理解するため、音大ピアノ科教授から音楽を学びました。そして、工事を徐々に小さくしていき、現場データを工科大学に持ち込み検証をしました。これを幾度も繰り返すことで、ピアノの音は変ることなく、防音ができる。しかもできるだけ工事はしない「音楽的手法による内窓工法」ができました。音にこだわりをお持ちの沢山の演奏家の方から「思い通りの音がでる」とのお言葉をいただいております。

「疲れない。」「集中できる。」と多くの方からご好評をいただいています

音大を目指す。コンクールで優勝するなど、目標に打ち勝つためのお部屋に変えたい方。そのような生徒さんをお持ちの講師の方。ピアノの音が伸び伸びと心地よく響くお部屋に変えて、心豊かに暮らしたいとお考えの方。是非、私にそのお手伝いをさせてください。ご相談はフリーダイアルからお持ちしております。

埼玉県・東京都・柏・松戸・船橋・市川・川崎・横浜
8時から20時まで無休でお待ちしております。
有限会社旭建硝 東京都練馬区

50名の生徒さんを抱えるピアノ講師の元山さん

ミュージシャンばかりの防音マンションも、防音室も経験しましたが、中西さんの工事が今までの中で一番気持ちがよい音に響きます。それは私だけでなく、何人もの生徒さんが、「先生の新しいお部屋でピアノを弾くと楽しいの。だからもっと弾きたいの。」と言っています。

音楽一家の山田さん

最初にお会いした時に、私がしたいことをよく理解してくださり、その場でお話を聞いて、私の希望が叶う事がイメージできました。もうその時に、お見積りを貰うまでもなくお任せすることに内心決めていました。私、息子、そして、ピアニストを目指している娘3人で毎日、取り合をしています。

埼玉県・東京都・柏・松戸・船橋・市川・川崎・横浜
8時から20時まで無休でお待ちしております。
有限会社旭建硝 東京都練馬区