費用に関する情報

私共のサービス

わたしどものサービスは、音で寝付けない。そんな寝室をお客様が安眠できるお部屋に変えるサービスです。ご相談から原因解明、安眠実現までをトータルでサポートいたします。

ご相談から問題解決までのフロー

サービスフロー図

安眠できるお部屋に変えるまで

ご相談

  • 電話
    1時間までは無料とします。
  • メールでのご相談
    無料とします。原則48時間以内にお返事をいたします。

現地ご相談と調査(データ収集)

お客様のお話をよく聞かせていただき、音の何が眠れない原因なのか騒音に関するデータを、専門機材を使って収集させていただきます。

使用する機材は検定をパスした機材使います。

調査作業費は埼玉県・東京都・千葉県一部・神奈川県一部(詳しくはこちらをご覧ください。)においては一律¥15,000とし、当日頂戴いたします。他の地域にお住まいの方は下とします。

  1. 片道120キロまでの場合は2.5万円+交通費(高速代+燃料費または電車賃)とします。
  2. 120キロ超える場合は4万円+交通費とします。

調査は概ね2時間弱をご予定ください。

お伺いしました当日に気になる音が確認できなかった場合でも費用をいただきますことをご了承ください。

変更並びに中止は前日の20時までに0120-114-178にお電話をください。当日の変更や中止はお受けすることが出来ません。

お見積は2つになります

お見積は仮見積と本見積の2度提出させていただきます。

  • 基礎解析による仮お見積の算出

別立てで費用をいただくことはありません。初回の調査でいただいた費用に含まれています。
初回調査で集めたデータを一般的な評価に従い問題個所を明らかにすることで、必要な対策の規模や難易度から大まかな費用をお伝えし、先に進めて宜しいのかご判断を仰ぎます。その理由は対策作成には多くの時間と労力ひいては費用が必要だからです。

  • お役様に合わせた安眠対策の算出

(安眠できるお部屋に変える安眠設計)
音のとらえ方は人によって大きく変わります。お困りなのはお客様ですから、一般な評価ではなく、お客様お一人に合わせなければ、朝まで安心して眠れる寝室に変えることはできない。私どもはそう考えています。

現地で収集した音の解析とヒアリングから、お客様はなぜ音に振り回されているのかその原因を究明し、どこをどう改善すればお客様が安眠できるのか。その対策を設計(安眠設計)します。

(原因の究明)
原因究明の材料となる解析は、音を1/10秒単位で88の音符に分解します。調査時間が1時間であれば、3,168,000個となり、これを10項目で評価しますので3,168万個の数値を扱う必要があります。お客様が音で寝付けないことをきちんと理解するだけでもこれだけの材料が必要です。

(安眠設計)
そこから対策を練り、施工した1000件分の工事データも参照しつつ最適な材料と工法を選び、対策の効果を試算し、計算結果を踏まえてさらに安眠によりふさわしい改善点はないかと検討します。時間と労力をかけなければ、安眠に変える費用は算出することができません。これら原因の究明・対策立案・工事設計・効果の試算を総称して私どもは安眠設計と呼んでいます。

(安眠設計費の扱い)
安眠設計の費用は、本見積に計上いたします。もし、本見積提出後10日を過ぎてもご注文を頂けない場合、またはご注文の予定をお知らせ頂けなかった場合は、本見積提出日から数えて15日内に安眠設計費をお支払ください。

本見積に含まれる項目

  • 安眠できるお部屋に変える安眠設計費(分析・対策設計・効果の試算を含みます)
  • 製品代
  • 工事費(作業費)
  • 材料の仕入れに伴う物流費
  • 出張費

以上の費用を本見積として、対策のご説明とともに提出いたします。

出張費の取り決め

お住まいにより費用は異なります。埼玉県・東京都・千葉県一部・神奈川県一部(詳しくはこちらをご覧ください。)は、ご訪問1回ごとに¥5,000から¥12,500までとなります。それ以外の地域の場合は下のように計算します。

  1. 片道120キロまでの場合は1万円+交通費(高速代+燃料費)とします。
  2. 120キロ超える場合は3万円+交通費とします。

時間外費用についての取り決め

午前9時よりも早い時間及び19時以降の調査のご依頼等につきましては、時間外費用を加算せていただきます。詳細はこちらのページをご覧になってください。

お見積の提出とご注文方法

お見積のURLを電子メールでお知らせいたします。

ご注文は、約款ご一読の上、お見積ページ内のご注文ボタンをクリック願います。