新しい防音窓工事とは

お客様の笑顔を取り戻す。安眠設計はそのための防音方法です。

あなたが、嫌い・苦手な音が眠りを妨げるのだから、あなたが嫌いな音を調べて、内窓と音響でその音を徹底的に取り除きます。

眠れる寝室に変える防音方法の開発

音で寝付けず困っているお客様のお部屋を、どうしたら確実に安眠できるお部屋に変えることができるのか。私は、その答えを探し続けてきました。

 

防音業者でもある私の課題は、音で寝付けない原因を見つけ、その対策を立案すること。
音で眠れない方と入れ替わるような思いで原因を探り、音・人・睡眠に関する研究を重ねていきました。

 

その甲斐あって、①原因究明と②対策立案の2つは、協力者の力添えもあり数値化に成功。やがては方程式にまとまり、定量的に確実な成果をあげられる防音方法となりました。この方法を当社では「安眠設計」と呼んでいます。

お客様の安眠の為に万全を期す

内窓工事は音量(防音量)だけで解決しようとする”内窓ありき”の工事です。これに対して、私たちの防音内窓工事は、あなたが苦手な音を徹底的に取り除く工事です。

眠れないなど、人が音に振り回される原因は、音量が大きいのもありますが、むしろ、根本的には人よって違う苦手な音・嫌いな音に勝手に体が反応してしまう事にあります。

常に安眠という目的を念頭に置き、様々な視点で評価し、総合的な判断をもって、工事を設計しています。

  1. 現地調査
    まずは現地で様々なデータ(騒音・お客様の嫌いな音域と響き・お部屋の条件など)を集めます。安眠設計はこのデータを使い組立てていきます。
  2. データ分析
    物理(音響工学)的手法で客観的にデータを把握します。
    まずは、騒音の中でも特にお客様が苦手な騒音をピックアップして、周波数毎の音量とその時の響きの様子を分析し、お客様の嫌い音の正体を把握します。そして、お部屋固有の周波数ごとの響き量(吸音量と反射量)を把握します。
  3. 対策立案
    まずは揃えたデータを基に、内窓でどこまで音量をげることができるのかを見当します。そして、寝室なら安眠条件、リビングならTVや食事を楽しめる条件と照らし合わせて、周波数ごとに防音する量を決めていきます。
  4. 内窓工事の設計
    実際に工事をした1000件を超えるデータから導き出された内窓の特性と取り付け方のデータベースを駆使して、対策案を満足させるガラスと内窓フレームと取付位置を選び出します。
  5. 音響の設計
    選んだ内窓を計算した位置に仮に取り付けたら、お部屋の中ではどのように聞こえるかをパソコンを使ってシミュレーションします。お客様の嫌いな音域が残らないように、お部屋とインテリアの特性(吸音と反射)を考慮し、響きを設計していきます。

    上の響き調整の技術を駆使しても、あなたが苦手な音域を取り除けないことがシミュレーションでわかった時は、内窓工事を見直し、特定の周波数はわざと防音量を少なくして、音を通過させて、お部屋の中のお客様が苦手な音にぶつけて相殺する”マスキング”や”和音の技術”を駆使します。

寝室の写真
徹底的に貴方が嫌いな音を取り除けば、あなたは朝まで安心して眠ることができます。

安眠設計がもたらす効果

確実性が見込める。そのことを、お客様の須田さんは「説明を聞いた段階で、これなら眠れると思った。だから安心してお願いをした。」と私に仰ってくれました。

kazoku

またこの方法は、過剰な防音を避けることができるので、コストを抑え、必要最小限の費用で工事をすることができます。そして最大の効果は、三週間後、あなたは間違いなく笑顔に変わっていること。その笑顔を見てご家族も心から安心できることです。

騒音でお困りの方へ

横浜市のMさんは、「音に苦しめられたまま30年もローンを払う事を考えたら、安いものよ。30年分の幸せを、私は中西さんから買ったのよ。」と私たちの仕事を評価してくださいました。こんなに嬉しいことはありませんでした。20年間、苦しさも、喜びもお客様と共にありました。そうやって積み上げた寝室の数は1000を超えます。音でお困りの方、そんな私どもにお任せください。ご相談は下のボタンからお待ちしております。

代表:中西 繁樹

有限会社 旭建硝(あさひけんしょう)

所在地:東京都練馬区
営業:8時-20時 日・祝日営業

サービスご提供エリア:

埼玉県・東京都・川崎市・横浜市・千葉県(一部)上記外のお住まいの方ご相談ください。

ご相談は無料です。日・祝日も営業
下のボタンからお待ちしております。

電話問合せボタン