音の出入り口は窓です

あなただけではありません

外の音がうるさくて、電話の話し声が聞き取りにくい。人と話していても車の音で会話が遮られた。電車の音でなかなか寝つくことができない。都会にお住まいの方なら一度は悩んだ経験がありませんか? あなただけではありません。たくさんの人が日夜頭を痛めている問題です。

こうした問題が多い中、最近のマンションを例にあげますと、外壁の防音性能においてはすばらしいものがあります。耐震や耐火のために厚みもあるので、外壁の遮音効果というものは目を見張るものがあるはずです。ところが、実際に住んでいる方で音に悩ませられている人の多いこと……。

音はどこからやってくるの?

いったい音はどこから侵入しているのでしょうか。壁からでないとすれば、あとは1つ。騒音の侵入口は、『窓』ということになります。『窓』は外壁と比べ、その防音性能はわずかに半分程度以下。だから外の騒音がちょっと大きいと、電話の話し声も聞こえなかったのです。
音は重いモノ程音を通さない。つまり音は重さで遮断するという大原則があります。同じ面積でなおかつ同じ厚みであれば、コンクリートと窓ガラスを比べた場合、ごくわずかですが窓ガラスの方がむしろ重いのです。つまり、ガラスが防音に適していないのではなく、その厚みに原因があるのです。
コンクリートと窓どっちが静か

ところで窓には壁と違って、ある時は閉めて、ある時は開ける動きが求められます。壁と同じ厚さのガラスでは、重たくて『窓』の開閉が困難になります。そして、どうしても開閉部分ですので隙間ができやすく、そこからの侵入を許してしまうのです。窓の隙間

音を遮断する手軽なアイテム

サッシの隙間を埋める、防音アイテムとして、スポンジ、毛(モヘア)などはホームセンターでリーズナブルな価格で購入できます。また最近では防音カーテンといったものもあります。防音カーテンは窓を包み込むようにして、隙間なく取付ける事ではじめて効果を得ることができます。普段、もう少し静かになればといった悩みであれば、こうした簡単なアイテムで効果をあげることもできます。

騒音に対する不満の現状

様々なお手軽アイテムが販売され、防音効果対策も充分なはずに見えますが、そうではないのが現状です。実は、こうしたアイテムで防げる音には限度があります。多少の効果をあげることは可能ですが、根本的な遮音をすることにはならないからです。

確かに防音でまず大切なのは隙間をなくす、気密を高める事です。前出のアイテムでは、こうした部分をフォローしきれません。それで今の窓に隙間材を貼り付けても期待していたほどの効果は得られないのです。窓ガラスに貼り付けるアイテムも同様です。

現に、専門業者に防音カーテンを取り付けてもらったにもかかわらず、効果がなくて困っているとのご相談をたくさんいただきます。何故でしょうか。答えは騒音のケースに対して、正しい手法が行われていなかったからです。防音カーテンは、その性質上、かなり高い周波数(高音)ではじめて効果を発揮します。一般的な騒音(自動車や電車の音)の周波数帯(音域)は、遮ることがうまくいかないのです。ただ、このことは私どものような者や苦い経験をされた人でなければ、ご存じないのが普通です。

では、一番効果をあげるためにはどうしたらよいのでしょうか。

ここで登場するのが防音サッシ。防音サッシには、通常のものとは違った工夫や装備がされています。もし、防音カーテンやホームセンターで手軽に購入できるアイテムが大きな防音効果を発揮するのであれば、メーカーは多大な労力とお金をかけて、防音サッシを生産する必要はないはずです。ここに着目をすれば、よくわかることだったのですね。ただ、サッシ自体を交換となると予算も多くかかってしまいます。いったいどうすれば、お手軽に騒音と“さよなら”できるのでしょうか。

いずれにしても窓が騒音の入り口であることは間違いありません。窓の防音リフォームの手法は3つかあります。次のページではこの3つをご紹介します。>>