音の出入り口は窓です

あなただけではありません

外の音がうるさくて、電話の話し声が聞き取りにくい。人と話していても車の音で会話が遮られた。電車の音でなかなか寝つくことができない。都会にお住まいの方なら一度は悩んだ経験がありませんか? あなただけではありません。たくさんの人が日夜頭を痛めている問題です。

こうした問題が多い中、最近のマンションを例にあげますと、外壁の防音性能においてはすばらしいものがあります。耐震や耐火のために厚みもあるので、外壁の遮音効果というものは目を見張るものがあるはずです。ところが、実際に住んでいる方で音に悩ませられている人の多いこと……。

こうすれば解決できます

外に面しているのは、窓と壁。だから気になる音を遮断するには窓と壁の対策が必要です。ではその両方を防音しなければ静かにできないのか?という事になると、あなたが、録音スタジオを作りたいのならば別ですが、音量は十分に落ちていて、気にならないのであれば、安心して眠れればいいのであれば、壁の防音工事をしなくても、窓の工事とお部屋の響きを調整すればそれは実現できます。

気なる音の入り口は圧倒的に窓から入ってきています。

音は重いモノ程音を通さない。つまり音は重さで遮断するという大原則があります。この原則に当てはめてみても、窓は圧倒的に弱いことが分かります。また、壁と窓を耳を当てて聞き比べてみても窓から入ってくる音が大きいことはすぐにわかります。だからお部屋の防音対策で窓なしの防音工事などあり得ません。窓の防音工事は必須です。

最初に考えなければいけないこと

そして、音は空気の振動ですから、空気が通れる隙間があれば音は簡単に通り抜けることが出来ます。ですから、防音対策を考えるとき、一番最初に気を付けるのは窓の隙間をできるだけ作らないことです。隙間だらけでは防音は効かないという事です。

音を遮断する手軽なアイテム

圧倒的に弱いのは窓。そして隙間を作らない事が大事だからと、サッシの隙間を埋める、手軽な防音アイテムをホームセンターで探してみると、スポンジ、毛(モヘア)などがリーズナブルな価格で購入できます。また最近では防音カーテンといったものもあります。防音カーテンは窓を包み込むようにして、隙間なく取付ける事ではじめて効果を得ることができます。普段、もう少し静かになればといった悩みであれば、こうした簡単なアイテムで効果をあげることもできます。

騒音に対する不満の現状

確かに防音でまず大切なのは隙間をなくす、気密を高める事ですが、いずれもあまり重いものではありませんから、期待していたほどの効果は得られないのです。

現に、専門業者に防音カーテンを取り付けてもらったにもかかわらず、効果がなくて困っているとのご相談をたくさんいただきます。何故でしょうか。

防音カーテンがしているのは、吸音と呼ばれている調音材であって、確かに吸音材も音を小さくできますが、その量は小さく、重量もさほどありませんから、かなり高い周波数(高音)ではじめて効果を発揮します。一般的な騒音(自動車や電車の音)の周波数帯(音域)は、遮ることが上手いとはいえません。

では、一番効果をあげるためにはどうしたらよいのでしょうか。

いずれにしても窓が騒音の入り口であることは間違いありません。窓の防音リフォームの手法は3つかあります。次のページではこの3つをご紹介します。