音はさまざまな周波数の集合

まず「音」のことを知りましょう

成功のカギは「音」を知っているかどうかです。なにも音は「騒音」のようにいやなものばかりではありません。「歌」「音楽」は私たちの勇気や活力、時には慰みや安らぎを与えてくれます。その違いは何か。音量もありますが、実は周波数、そして周波数の組合せです。「騒音」も「音楽」も科学的には同じ。「周波数(音階)」と「音量」でできています。

さぁ、音を調べに出かけましょう

では、外に出かけて実際の音はどのような周波数の集まりでできているのかを簡単に調べてみましょう。町は音であふれています。

バイクの音

川の鉄橋を通過する貨物列車の音

首都高速から5m

踏切

救急車

室内での電車の音(線路から10m 窓は閉めている)

音の周波数分析をしない防音対策が失敗に繋がります

沢山の周波数(音階)の集まりであり、周波数毎に音量の大きさが違うこと、パターンが違う事をご覧いただきました。一概に防音窓、内窓と言ってもどの音に合わせるかで実は使う内窓は変わります。電車には電車に合った内窓。飛行機には飛行機の音に合った内窓があります。

それは、ガラスには得意な音、苦手な音があり、この特性は、同じ種類のガラスであってもその厚みだけで防音特性は変わります。この特性を使い分けることで、効率よく音を下げることができます。また、場合によっては下げてないほうがいい周波数もあり、闇雲に力技で防音をしてしまうとこの下げるべきではない周波数を下げることで新しい音の悩みを誘発することも多々あります。「内窓が効かない」「効果がない」との意見も散見しますが、これは最適化していない。もしくはそもそも内窓ではでは解決ができないのに、最初の判断を間違えたかです。

ご相談者の内には最初から「防音(合わせ)ガラス」と指定される方もいらっしゃいますが、防音ガラスであろうと必ず苦手な周波数帯あります。またお客様が悩んでいる音の周波数を落とすには防音ガラスでないガラスのほうが効果的であることも多々あります。「防音ガラス」とは実にうまいネーミングで効果がありそうな名前です。ネーミングに魅了されてしまって本質を忘れていないでしょうか。いやな音=周波数を見つけ出し、その周波数を落とすべきです窓を選びだす。その周波数帯が「防音ガラス」の音特性と照らし合わせて、最も望ましいのであれば防音ガラスを使うべきです。

そして確実に

そして悩ましいことは、お住まいなのですから引っ越ししない限りは逃げようがないことです。失敗することなく前向きに向かっていくしかありません。確実に騒音を小さくるためにまずはすべきことは、騒音の実態を明らかにすることです。そのことで初めて対策工事の内容が決ります。
以上は「音はいったい何なのか?」の話です。この音を主に察知するのは人間の「耳」です。この耳は良く聴こえる周波数と感度が鈍い周波数があります。この癖を知ることも大事です。

次、人の耳の特徴にすすむ >>